1. トップ
  2. 採用情報
  3. 先輩社員の声
  4. 総合職
  5. 【総合職】2012年入社 津田貴志

【総合職】2012年入社 津田貴志

tsuda.jpg

「世界にいいものを届けたい」と話す津田。
学生時代は海外留学、現在は子会社への出向を経験。
そんな津田の胸の内を聞きました。


 

仕事をやるなら新しいことに挑戦をしたい

1日のタイムスケジュール(津田)
        1日のタイムスケジュール

もともと色んな人とのかかわり合いを好む性格だったので、学生時代はライブハウスでバイトをしていました。そこにはお客様はもちろんライブハウスのオーナーや、自分の夢を叶えようと努力し続ける人たちに囲まれて、充実した日々を送りました。就職活動でも色んな価値観を持った人と会え、海外でも働ける商社やメーカーを目指していました。ただ、実際に内定をした大手企業のご好意で、社員の方のお話をさせて頂いたときに、どこか違和感を覚えました。その方の年齢である8年〜10年後の自分を想像したときに、自分の理想とはちょっと違うな、と。それが正直な気持ちでした。

描いた未来の働き方をしている人たちとの出会い

ELEMENTSstrtch店内画像.jpg
津田が立ち上げに関わった新ブランドである「ELEMENTS stretch」

そんな時に、高校時代の先輩に「なら、ベンチャー企業を見てみない?」という一言で新たな視野が広がりました。IT系企業が多い中、医療・ヘルスケアドメインで新しいプラットフォームを創出を目指す企業がリラクでした。もちろん大変そうな一面はあったものの、色んな人種が働いていて、魅力的な方がいて、良い意味でぶっ飛んでる方もいて。
こんな方たちと働きたいと思ったのと同時に、色んなベンチャーの中で、リラクの描く未来の事業展開である統合医療の世界や、理念である「愛と思いやりに溢れた社会の実現」を目指す世界観が、まさに仕事をするならこんな仕事をしたいと思いました。

クライアントからの感謝の言葉が嬉しい

ゼロイニシャライズ

現在は100%子会社である株式会社ゼロイニシャライズの立ち上げに関わり、マシンの販売営業や、新規ブランド店舗の運営に関わる本部機能の構築も行っています。
特にマシンの販売営業を全国で行って感じているのは、接骨院や治療院、デイサービスなどの
クライアントの方が、「目の前のお客様をどの様にすれば幸せにできるのか」
「どうすれば腰痛等の悩みから解放できるのか」を本気で考えてサービスを届けていること。
クライアントの方と夜まで語り合うこともあります。
そこまで自分の仕事に対して本気度を持っているクライアントにマシンを導入して喜んでもらい、
そうして貰える「ありがとう」という心からの感謝の言葉がとても嬉しいです。

会社の追い風となるビジネスを創出し続けたい

1.jpg

まずば、現在立ち上げに関わっているゼロイニシャライズ社のビジネスの基盤を更にしっかりと広げて、中心となって動いて行きたいです。
ゼロイニシャライズ社が軌道に乗り、個人としても更に成長が出来れば、リラクグループが目指す、医療のプラットフォーム実現を更に加速させたい。自分の視野を狭めずに社の追い風になる様なビジネスにどんどん挑戦をして行きたいです。


 津田貴志

富山県生まれ。横浜国立大学卒業後、2012年4月に株式会社リラク入社。
入社後は自ら新規事業への参画を立候補し、子会社出向を勝ち取る。
現在は全国へマシン販売を行いながら、新ブランドの本部立ち上げを行っている。

2.jpg
【所属する部活】
オックスファム100キロトレイルウォーカーという大会に参加しました。途上国へのチャリティーも兼ねて、チームとしての絆や、心と身体の忍耐力を鍛えることが出来ました。
休日の過ごし方【津田くん】.png
【休日の過ごし方】
海が好きなので、夏の休みの日にはスキューバダイビングに行きます。パラオの海でイルカと一緒に泳ぐのが夢なんです。

他の先輩社員の声を聞く

2009年総合職入社 村上奈奈美
2009年総合職入社 村上奈奈美
2010年総合職入社 木村正孝
2010年総合職入社 木村正孝
2014年総合職入社 関敦子
2014年総合職入社 関敦子